不動産売却に税金は掛かる?

不動産を売却する際、税金は掛かってくるのかと心配される方も多いようです。
通常、不動産売買は頻繁に行うものでは無いので、そういった面で疑問を抱くのは当然です。
実際はどうなのかというと、税金は掛かる場合と掛からない場合があるようです。
売却後に課税される可能性がある税金は譲渡所得税と住民税と言われています。
譲渡所得税とは売却価格から不動産を購入し取得した際の取得費用と、印紙代や測量費等売却に必要な経費とされる譲渡費用を差し引いたものを言います。
譲渡所得より特別控除額を差し引いた結果に売却利益が掛かってきた場合、譲渡所得税が課税されるシステムです。
つまり、売却した価格の方が高く、儲けが出た場合に課税対象となるという風に考えておくとわかりやすいでしょう。